国立整体院ボディデザインのバナートップ

  腕や指先のシビレ | 国立整体院ボディデザイン 

はじめての方へ ご感想 コース料金 予約 アクセス 自己紹介 自己紹介
   あきらめていませんか?  

腕や指先のシビレ

シビレといっても感じ方は様々個人差があるようす。
すぐに脳に問題があると心配される方も多くいらっしゃいますが、筋緊張や関節間内での圧迫などによる神経障害、血行障害でシビレを発症するケースも多くあります。                

           
神経を圧迫した神経障害、血管を圧迫した血行障害でシビレを発症するケースとして、頸椎から肩関節を通って腕、手先につながら神経、血管を、そのどこかの通り道に問題があり圧迫していることで発症することがあります。                           
圧迫している場所としては、頸椎周辺であったり、鎖骨など肩関節周辺であったりと、筋肉の緊張や、それに伴う周辺の歪みにより神経、血管を圧迫しているようです。

こうした腕などのシビレを伴う症状として、頸椎ヘルニアや頚部脊柱管狭窄症、胸郭出口症候群などがあります。

胸郭出口症候群は、首からの神経や動脈静脈などのが、狭い鎖骨の下を通る間に、筋肉や鎖骨肋骨などに圧迫されシビレとして症状が出ます。

神経障害はほかにも病名が付いているものが多くありますが、腕自体の筋肉の硬さ(コリ)が神経や血管を圧迫していることも考えられます。

また、手のしびれは腱鞘炎や手根管症候群などがあり、シビレている個所やシビレ方によって違いがあります。              
他にも臓器の機能低下が関節的に影響を及ぼしているケースも考えられます。
臓器にはそれ自体の持つ機能が、他の離れた部位と密接に関係しています。


たいしたシビレでないと、そのままにしてしまう方もいますが、体に起きている何かの知らせであることに間違いいありません。
そうしたサインを見逃さない体への配慮が必要と感じます。  


最初に触れましたように、脳に障害があってシビレを発症するケースもあります。ご心配であればまずは専門の医師へご相談することをお勧めいたします。  
       

        

              国立整体院ボディデザイン

         
  ホーム 整体院へのアクセス   国立ダンスワークス Twitter
  はじめての方へ 3つの「うれしい」こと   Facebook
  整体のご感想 よくあるご質問   院内ブログ 有効なXHTML 1.0経過 
  整体コース料金 整体院内の様子   院外ブログ 
  ご予約方法 お問い合わせフォーム   ストレッチマニア
整体師プロフィール リンク  
BBS7.COM
MENURNDNEXT
     
 
copylight(C)2007-KUNITACHI SEITAI BODY DESIGN-all rights reserved