国立整体院ボディデザインのバナートップ

  片方の靴底だけ減る | 国立整体院ボディデザイン 

はじめての方へ ご感想 コース料金 予約 アクセス 自己紹介 自己紹介
   気になっていませんか?  

片方の靴底だけ減る

ウォーキング

何で片方の靴のカカトだけ減るの?
足の長さが違うの???                        
普通はそんなふうに考えますよね。

ただ足の長さが違うってケースはほとんどの場合なく、多くの場合、
動作(歩行)の癖でそうなっていたり、骨盤のゆがみや機能的な問題が引きずってしまっている足が上手く上がらない、だから靴がすれる、といったことにつながっているようです。                              
例えば骨盤の歪みでいうと、様々な歪み方をする骨盤で、仙腸関節を介して、左右の寛骨が捻じれるような歪みがあると、それに後傾や前傾が組み合わさることで、こうした症状が出ることがあります。                              
動作(歩行)の癖では、何か(例えばケガ)がきっかけで歩き方に左右差が出来てしまい、治った後もその時の癖が抜けていないことが原因であることも多く診られます。                     
引きずってしまっている足が上手く上がらないことが原因であることに関しては、「よくつまずく」で。                     
こうした症状も痛みなどを伴わなければ、そのままでずっと過ごしてしまうことが多いので、気になるようでしたら一度相談ください。

                 国立整体院ボディデザイン

         
  ホーム 整体院へのアクセス   国立ダンスワークス Twitter
  はじめての方へ 3つの「うれしい」こと   Facebook
  整体のご感想 よくあるご質問   院内ブログ 有効なXHTML 1.0経過 
  整体コース料金 整体院内の様子   院外ブログ 
  ご予約方法 お問い合わせフォーム   ストレッチマニア
整体師プロフィール リンク  
BBS7.COM
MENURNDNEXT
     
 
copylight(C)2007-KUNITACHI SEITAI BODY DESIGN-all rights reserved