寒くなってくると体動かすのが苦手な人は、どうにかやらない理由を見つけるようです。
僕もそうで、今日はちょっと天気があやしいから、、、時間がないから、、、体調がイマイチ、、、、気分がイマイチ、、、ピンポンパールちゃんの体調が心配で(笑)、、、、、
そういう思いが芽生えた日は90%やりませんね。
だからそんな事思う前に、どんだけ素早く行動に移れるかが鍵。
不自由な自分と日々戦いです。

 
久しぶりダンスネタです。

アンディオール2
BALLETOMANEASSOLUTAさんから動画お借りしました!

アンディオールができるようになりたい!

そのために今の自分が動かせる可動域以上に足を開いたポジションで立ち、足の裏で床を掴んで摩擦の力で踏ん張って、歯を食いしばり足もお尻もお腹も腕も、いたるところに力を入れて、「頑張って」どうにか一番で立ち尽くす。
片足上げれば体は正面に向けていられず。
ジャンプすれば体は大きく揺れてしまう。
出来ないのは「頑張り」が足りないからと、無理に開くことをひたすらに「頑張る」

こうした努力は実を結びいずれアンディオールができるようになる。。。。。

 

 

と思っている人が多すぎる。

 

アンディオールは「頑張って」するものじゃない、できるものじゃないんです。

何のためにアンディオールすることが必要なのか?

体はアンディオールする(開く)ことを望んでいるはずなのに、みんなそれとは正反対の閉じていく体を、日々せっせとレッスンで作っている。

目指す体がどんどん遠くに行ってしまわないように、たまに立ち止まって、いや今すぐ、そして落ち着いてそのままでいいか考えてみてください。

 

いい考えが見当たらなければ、、、

↓↓↓こちらまでご相談を↓↓↓
国立整体院ボディデザイン
0425769554
info@k-bodydesign.com

宣伝でした!

 

もう一つ。

プリエもそう。

何のために日々粛々としているのか?

プリエが必要なのはみんなわかっている。

でも何のためなのか?

何が正解なのか?

曖昧な人が多すぎる。

 

どんなダンスでもそうですが、

まずは基礎がふらついていては、その先の難しいテクニックは身に付くことはありません。

全てはそれ(基礎)無しでは成り立たないことなので。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

アンディオール!/ / / 国立整体院ボディデザイン

Share →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top