立てて、
しゃがめて、
歩けて、
走れて、
登れて、
下りれて、
持てて、
降ろせて、

そんなことに不自由しない、
そんなカラダが理想です。

そんなカラダの基本の き は、
押せるカラダに、
引けるカラダ。

大地を味方に、対象に向かって、十分な力を伝えることができる。

押せるカラダと引けるカラダ。

腹筋も大事。
背筋も大事。
脚力も大事。
腕力も大事。
インナーマッスル大事だし、
腸腰筋も体幹もみ~んな大事。

だけどそれぞれ個々が強くなっても、それらを使えて、「押せて引けるカラダ」じゃないと意味がない。

カラダに主役は必要ない。

みんなあくまでわき役で。

みんなで協力し合って、いい仕事ができる。

そんな 押せるカラダ と 引けるカラダ が基本です!

相撲4

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

国立整体院ボディデザイン・肩こり・腰痛・ストレッチ


Share →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top