アームス ターン ダンス ダンステクニック バランス バレエ バレエテクニック ピルエット プリエ

11ピルエットチャレンジ(3/17vs18)と重大なミス!


開花しましたね
国立の桜はとてもきれい
来週末は見ごろでしょうね
こっそりひっそり見に行きましょう

さて、そんなピルエットを回るには最高の季節ですが(嬉)
相変わらず、5回6回転で迷っています
安定感や軸足に乗ってる感じが弱い、
というか乗れてない
だから重心も高~い
重心よ!低くなれ~

 

どうでもいいことですが、 今回から日別対決的な体(てい)で 2日連続で編集も楽になります

 

つまづきポイント

腕の振りについて

プレパレーションで腕をすごく振るタイプのダンサーと

あまり振らないタイプのダンサーがいますね

ただ両者とも体がまとまる1回転目辺りからは、同じように回れています

僕も回り始めた当初は、腕を振り回すようにして回っていましたが、
数が増え安定感も出てくるようになると、徐々に腕の振りも、
プリエの量(量って)も少なくなっていき、最後には、
回るポジションからフワッとルルベになるだけで、
グワワーーっと11回転回れていました

だから、腕なんて振り回さずに回れるんだって感覚が、
体にも頭の中にもの深く残っています

ただそうした昔の感覚失った55歳には、
「腕を回さずにはどうにもならない」感じです。。。

腕を回しながらも、腕に振り回されないように、
体をまとめ上げるようにコントロールしながら回転の中に飛び込んでいく
そのための微調整をこの3か月弱してきました

 

 

ココに注意

重大なミスに気が付く(たぶん)

ここでなんですが、一つ重大なミスをしていたような気がしています。

自分の中で、できるだけ腕を振り回さないように回れるようになることが、

ゴールに近づく

という思いが強いので、腕の動きをコンパクトにまとめようと調整していたんです

まだその段階に来ていないのに。。。

良かれと思ってやっていた腕や動きのコンパクト化が、回転中の腕や肩、
もっと言うなら体全体のアンディオールに影響し、
回転力と回転中の姿勢の維持力に表れているんだ、と

この気づきが的を得ているのかは、やってみなくてはなりませんが、
その結果、一時的に今辛うじて回れている4,5回転も出来なくなることにもなりそうですね

壊しては、また整えて
また壊しては整えて

振り足しに戻った感も否めないですが
腐らず投げ出さず

-アームス, ターン, ダンス, ダンステクニック, バランス, バレエ, バレエテクニック, ピルエット, プリエ

© 2021 国立整体院ボディデザインブログ Powered by AFFINGER5