ダンスワークスのバナートップ

  バレエ(ダンス)という運動について | ダンスワークス | ダンサー整体

トップページ ご感想 コース料金 予約 アクセス 自己紹介
dw
初心者
 
初心者マーク

バレエ(ダンス)という運動について

「バレエはスポーツではない」なんてよく言われます。

バレエは芸術だから。。。スポーツではないと。。。。

 

でもたまにスポーツで芸術的なゴールとか、芸術的な動きなんていわれることもありますね。

スポーツも芸術的に人々を魅了する域に達することがある反面、バレエは芸術といっても、芸術と認められる域に達するまでには、人並みならない道のりがあるように感じます。

 

ただ共に、同じ身体運動であり、運動の仕方如何によっては、それがいい記録に繋がったり、美しく動けたりと、共に運動の質に左右されることは間違いありません。

     dw001

バレエ(ダンス)という運動について

手足の長さ、柔軟性、筋肉量、体重、身長、年齢、筋力があるないには、皆それぞれに違いがありますが、その体をどうのように動かすのが効率的なのか?どう扱えば持続して楽に運動が出来るのか?そうした理に適った体の動かし方(運動のルール)というものがあります。

そしてそれら運動のルールは、歩いたり走ったり、物を持ったり、押したり引いたりなど日常の様々な動作はもちろん、野球やサッカー、テニスといったスポーツの基礎となり、皆さんが大好きなバレエ(ダンス)にも同じくそのルールは当てはまります。

      dw005


例えば、飛ぶには、飛ぶための運動ルールがあります。
高跳び、サッカーのヘディング、野球の野手もジャンプしますね、バレエやその他のダンスにも、飛ぶシーンがよく見られますが、どう準備して、どう飛び上がるのか?一見全く違うように見えて実は体の使い方には共通点は多いのです。

   

    dw004

バレエ(ダンス)ではポジションを制限されることが多いので、この点で他の運動とは明らかな違いがあります。しかし、その違いがあったとしても実際に飛ぶために行っていることは、運動のルールとして見ればやらなければならないこと、やってはいけないことは同じであると考えてよいでしょう。

 

飛ぶ動作を「蹴り上げる」「跳ね上がる」「浮き上がる」などなど、どんな感覚で飛んでいるかはそれぞれかもしれませんが、飛ぶためには足首、膝、股関節、時にもっと多くの関節(上半身など)の屈曲からの伸展(伸ばす)という動きが必要になります。
そしてその一連の動作の中にとても大切なことがあります。
それは関節には出来るだけ別方向にストレスを掛けないということです。

別方向にストレスとは、関節の曲がる、または伸ばす方向が適切でないことで、力が進行方向に伝わらず他に逃げてしまうことです。これは着地の際にもよく見られます。


dw007


真上に飛ぶのであれば、関節は真上に力が伝わるように曲げ伸ばしする事が望ましく、進行方向以外に力が逃げないように、屈曲伸展を行うことで、体(関節)の負担は最小限に、それがより高く飛ぶことにも繋がります。

バレエ(ダンス)でよくみられるのが、ポジションが最優先されてしまうことで、 運動として守らなければならないルールを無視してしまうことです。
その一例として、関節が負担と感じるまでのポジショニング(ほとんどが過剰なターンアウト)により、関節に捻じれが生じてしまっている状態で行うプリエやジャンプなどです。
こうした捻じれた体での関節の曲げ伸ばしでは、力が進みたい方向へうまく伝わらずに、体のどこかにダメージを与えることになってしまいます。

ルールを無視した運動は、関節やそれを構成する筋組織などの負担となり、いずれそれがの故障の一因となってしまいます。

もちろん、上達する上で一番の障害にもなってしまいます。

覚えて置きましょう。
バレエ(ダンス)のルールは常に運動のルールの中に存在します。

dw006

 

スポーツなど、他の運動とは使われる筋肉などに違いが多いため、全く別の運動のように考えがちですが、よく見ると参考になる動きもたくさんあります。

 

耐空時間のある高く美しく舞い上がるダンサーのジャンプと、バスケットゴールに向かいダンクするリラックスし全身に意識が行きわたった選手のジャンプとの間にはたくさんの共通点が存在します。

なめらかでリズミカルにフロアを動き回るダンサーのステップは、狭い店内を小気味よく滑るように動き回りながら接客するウエイトレスの動きといくつもの共通点を見つけることが出来ます。

 

バレエ(ダンス)を正しい運動として捉え実践すれば、美しく健康的な肉体でいつまでも踊り続けることが出来るでしょう。

dw

              国立整体院ボディデザイン

初心者マーク

初心者ダンサーへ地味トレあれこれ!② ~体を部分的に意識する~  new

初心者マーク

レッスン以外でやっておきたい、レッスンではあまりやらない上達する為の自主トレあれこれ!① new

初心者マーク

魅せターンアウトに騙されないで アップ

初心者マーク

バレエ(ダンス)という運動について アップ

初心者マーク1

ターンアウトとアンディオールの違い!?について アップ

初心者マーク1

もう少しアンディオールについて アップ

初心者マーク1

もう少しターンアウトについて アップ

初心者マーク2

軸について アップ

初心者マーク3

プリエについて アップ

初心者マーク4

引き上げるについて アップ

初心者マーク6

「筋肉を使う」について アップ

初心者マーク7

バットマン(足を上げる)について アップ

初心者マーク7

長所を見つけよう アップ

初心者マーク8

アームス(肩が上がる)について アップ

初心者マーク9

呼吸について アップ

初心者マーク10

柔軟性について アップ

初心者マーク11

ダンス上達について

ライン
メンテナンス ダンスによる故障 ダンサーコース
         
  トップページ 3つの「うれしい」こと   院内ブログ Twitter
  はじめての方へ よくあるご質問   院外ブログ Facebook
  ご感想です 院内の様子   ストレッチマニア 有効なXHTML 1.0経過
  コース料金 お問い合わせフォーム    
  ご予約方法 クーポン   国立ダンスワークス 
アクセス リンク    
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  プロフィール    
     
 
copylight(C)2007-KUNITACHI SEITAI BODY DESIGN-all rights reserved