ダンスワークスのバナートップ

  軸について | ダンスワークス | バレエ、ダンス

トップページ ご感想 コース料金 予約 アクセス 自己紹介
dw
初心者
 
初心者マーク

軸について

軸とは何なのか?


バレエでは、ルルベになったり、ターンしたりするときに、「軸」を意識するように、軸」を作ってなんていわれますが、はたしてこの軸とは?

 

    jiku

まずはじめに、「軸」とは何を指しているのか???  
一般的には体の中心、重心を通る「重心軸」のことを言っているはずです。

軸=重心軸 なはずです。

となれば、私たちにも当たり前のように、重心はありますから、「重心軸」もあるはずですね。無い人はいないはずです(^^)

でも、あるはずの「軸」が無いように見えたり感じたりするから、「軸を意識して」「軸を作って」「軸が無いねぇ」なんて言われてしまいます。

ではどんな時に、あるはずのものが、無いようになってしまうのか?

  軸

それはある点からある点に移動するときに起こります。

あるポジションからあるポジションに移動するときに、そのそれぞれの重心軸から重心軸の移動の軌跡により、「軸」が見えたり見えなくなったりしてしまいます。

例えば正面から歩いてくる人の、重心軸が左右に揺れている場合には、「軸」があるように見えません。

   walking

対して、その歩いてくる人の重心軸が左右に揺れないと、その人に「軸」があるように見えるんです。

 

不思議です。

 

もちろん、動いていなくても「軸」はあるはずです。ただ確認しづらい。
これが動くことによって、動く軌跡によって軸が現れるんです.

アテールからルルベになる。そのときに、重心軸が左右に揺れずに上がれた時に、軸を見ることが出来るんです。

先生や近くにいる人で、軸があるなぁと感じる人がいれば、ぜひそんなところを観察してみるといいと思います。

   jiku

ピルエットなど回転の場合も同じく重心軸が大切ですが、回転の場合はさらに「回転軸」が揺れないことで「軸」が見えてきます。
回転軸とはそのまま、回転している中心のことです。

 

コマを回すとき、うまく回るときもあれば、力加減を間違えば端からゆらゆらと、あっという間に倒れてしまいますね。
コマが回転しやすい軸を捉えるように回してあげることが大切で、何度かやっているうちにコツが掴めてきますよね。
このぐらいで回してあげればいい感じに回ると。

  軸

話を先に進めます。

規定面というのがあります。

これはイラストのように、赤くなっている部分を指します。
物や人間が安定して立っているためには、この規定面上に重心軸がある必要があります。
なので規定面から重心軸が外れてしまったら、物は倒れ、人はバランスを崩します。
さらに重心軸が規定面の中心に近いほど安定性は高くなります。

  jiku

   jiku7

2番で立っているときは、規定面は下のイラストのような範囲です。
この中に重心軸があれば立っていられるはずです。
これが片足になれば、アテールでも規定面はグッと小さく足裏の面積に。
うっかりすれば、重心軸は規定面の外に出て、、、あれよあれよと、、、、
それがルルベになったら、規定面はさらに小さくなり、この小さな範囲に中に重心軸を置いてあげるわけですから、かなり難しいことやっているのですね。

 jiku4

話は戻り、コマの規定面はといえば、ほとんど点ですよね。
うまく回っているときは、この点のような規定面上に重心軸があり、同時に回転軸もあると考えていいのでしょう。また、遠心力が安定性を高めてくれますしね。 (専門的にはもっと複雑な説明があると思いますがここではざっくりと!)
ただし回転に関して言えば、規定面が小さいほうが地面との摩擦が少ないからよく回るし、多少重心軸と回転軸がずれていても、回転に勢いがある間はよく回る。

 

     コマ

まとめます。
軸は、
①誰にでもある。
②重心軸の動きの軌跡により見えてくる。
③回転軸が揺れないことで見えてくる。

 

誰にでもある重心軸を揺らさずに移動させることで軸が見えてきます。
誰にでもある重心軸を乱さずに回転させてあげることで、さらに軸ははっきりと見えてきます。

 

ここまではどうでしょう?
理屈はこんな感じだと思います。

 

では理屈は分かってもどうすればいいのか????

コマのところで、最初うまく回せなくても、何度となくやっているうちに回せるようになると書きました。指や腕の微妙な力加減により、何時しか回転軸を容易く捉えることが出来るようになるものです。
ターンなどの軸の場合も、指先や腕で行ったような繊細なコントロールを求められます。

もし、どうしてもうまく回れない、軸が見えないのであれば、それは必ず原因があるはずです。

 

と共に、何度もいろいろなところでも触れていますが、とても大切なことは体を変えないことです。
今ある重心軸を移動する際に、体を緊張させたり締め付けたりし、体自体を変えてしまうことで、さらに分からなくしてしまいます。

 

「この時とこの時を変えない」
ことが大切です。

 

両足で立っているときと、片足で立っているとき、片足になったこと意外体を変えない。
アテールで立っているときと、ルルベで立っているとき、ルルベになったこと以外体を変えない。
ルルベで立っているときと、ターンしているとき、回っていること以外体を変えない。

             国立整体院ボディデザイン

初心者マーク

初心者ダンサーへ地味トレあれこれ!② ~体を部分的に意識する~  new

初心者マーク

レッスン以外でやっておきたい、レッスンではあまりやらない上達する為の自主トレあれこれ!① new

初心者マーク

魅せターンアウトに騙されないで アップ

初心者マーク

バレエ(ダンス)という運動について アップ

初心者マーク1

ターンアウトとアンディオールの違い!?について アップ

初心者マーク1

もう少しアンディオールについて アップ

初心者マーク1

もう少しターンアウトについて アップ

初心者マーク2

軸について アップ

初心者マーク3

プリエについて アップ

初心者マーク4

引き上げるについて アップ

初心者マーク6

「筋肉を使う」について アップ

初心者マーク7

バットマン(足を上げる)について アップ

初心者マーク7

長所を見つけよう アップ

初心者マーク8

アームス(肩が上がる)について アップ

初心者マーク9

呼吸について アップ

初心者マーク10

柔軟性について アップ

初心者マーク11

ダンス上達について

 

ライン
メンテナンス ダンスによる故障 ダンサーコース
         
  トップページ 3つの「うれしい」こと   院内ブログ Twitter
  はじめての方へ よくあるご質問   院外ブログ Facebook
  ご感想です 院内の様子   ストレッチマニア 有効なXHTML 1.0経過
  コース料金 お問い合わせフォーム    
  ご予約方法 クーポン   国立ダンスワークス 
アクセス リンク    
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  プロフィール    
     
 
copylight(C)2007-KUNITACHI SEITAI BODY DESIGN-all rights reserved