ダンスワークスのバナートップ

  プリエについて | ダンスワークス |ダンサー整体

トップページ ご感想 コース料金 予約 アクセス 自己紹介
dw
初心者
 
初心者マーク

プリエについて 

バレエと言えば、プリエ。

基本中の基本というイメージがあります。

レッスンではバーレッスンをはじめ、プリエはふんだんに出てきます。

先生からもプリエの大切さは、得々と何度となく説明を受けていると思います。

 

今はネットで「プリエ」を検索すれば、たくさんのサイトでプリエの説明を観覧することが出来ます。

なので、ここではポジションや注意事項などは省略して、違う角度からプリエの話をしてみます。

 プリエ

プリエの動きは、一見ただの膝の曲げ伸ばしにも見えますね。 膝を曲げ、伸ばす。その連続です。

ではこのプリエ、何のためにするのでしょうか?

プリエが出来るようになるとどんな良いことがあるのでしょうか?

その辺りがわかると、グッとモチベーションも上がり、プリエの練習にも一段と身が入るかもしれません。

 

プリエをする際に気を付けなければならないことに、骨盤を立てることであったり、アンディオールやポジションであったり、使う(意識する)筋肉であったり、軸であったり、アームスのあれやこれやと、それはそれは忙しく、何が何だかという人も多いかと思います。

まあこうしたことも、時にチェック項目としては大切なヒントになることもあると思いますが、あまりこれらのことに気が囚われすぎてしまうと、本来のプリエをする目的から離れて行ってしまうので、気をつける必要があります。

例えば、骨盤が立っている状態でプリエが出来たら、正解。だとか、この筋肉を使いながらプリエが出来たら、正解。というものではないんです。

骨盤が立っていたり、アンディオールになっていたり、軸があるように見えているのは、あくまで正確に出来たプリエを、客観的に見た結果であることを覚えていてください。

決してそれらが目的ではないということです。

 

では何のためにするのか?

バレエでは、プリエの延長上がルルベやジャンプや移動に繋がり、またプリエそれ自体が一つの表現になってたりします。

ルルベやジャンプ、または移動する際、プリエはそれらの準備として機能し、上手にルルベに、高いジャンプに、綺麗に機能的に移動するために、その前のプリエがすべてを握っています。

また、ジャンプの着地など、動きを処理する際にも、プリエすることが、動きの質に繋がるだけではなく、体の負担も減らしてくれるなどの重要な役割があります。

 

バーレッスンで行うプリエは、上のようなあらゆる動きに対応するプリエを、それぞれにシュミレーションして行うことはできませんが、その基本である目的ある動きを身に付けることになります。

因みに、プロのダンサーやプリエを理解している人にとってのプリエの練習は、体の調子や状態を知るバロメーターの一つになっています。

 

プリエという動きは、バレエだけに限った動きではありません。

あらゆるスポーツや私たちの日常の動作の中でもふんだんに登場しています。

プリエとは呼びませんが、例えばバレーボールのアタッカーは、ジャンプの前には必ずプリエをし、レシーバーもすぐに移動できるようにドゥミプリエで待ち構えます。

3段跳びのアスリートは、1発目のジャンプの前に、前方へのジャンプのためのプリエをし、その着地でのプリエは2発目のジャンプとしてのプリエともなり、またその着地のプリエがラストジャンプのプリエとなります。

     プリエをする女性ダンサー

また、私たちの日常の動作、歩いたり、階段の昇り降り、立ったり座ったりも、プリエを応用していることに違いありません。

なので私たちは生まれてこの方、プリエすることには慣れているし、体は無意識に理解してもいるはずなんです。

 

但しそんな日常頻繁に行うプリエと一つ大きく違う部分があります。

 

そうです。それは下肢のあり方ですね。

普通のスポーツや日常では、下肢に特別の制約はありません。

単に構造的に優位で、機能的であれば何ら問題ありません。

そんなスポーツや日常のために、プリエを特化して練習することはほとんどありませんしね。

しかしバレエでは、そうした日常には無い、特別なルールを要求されるため、バレエなルールの下でプリエという動きの訓練を課しています。

 

あれやこれやバレエのプリエには注文が多いですが、皆さんが日常無意識に出来ている制限のないプリエと、本質的には何ら違いはありません。

あまり特別と考えないで、バレエのプリエを体に理解させてあげてください。

 

因みにスポーツでは、このプリエのことをなんていううのでしょうか?

あらゆるスポーツでジャンプする時も使う「踏み込む」なんていう言い方は、まさしくバレエのプリエと同義語といってよいのかと思います。また、「腰を落とす」とか、「重心を下げる」なんていいますが、こうした状態は、まさしくプリエの感覚と同じく、止まっているようで実は常に動きの途中にいます。

             国立整体院ボディデザイン

初心者マーク

初心者ダンサーへ地味トレあれこれ!② ~体を部分的に意識する~  new

初心者マーク

レッスン以外でやっておきたい、レッスンではあまりやらない上達する為の自主トレあれこれ!① new

初心者マーク

魅せターンアウトに騙されないで アップ

初心者マーク

バレエ(ダンス)という運動について アップ

初心者マーク1

ターンアウトとアンディオールの違い!?について アップ

初心者マーク1

もう少しアンディオールについて アップ

初心者マーク1

もう少しターンアウトについて アップ

初心者マーク2

軸について アップ

初心者マーク3

プリエについて アップ

初心者マーク4

引き上げるについて アップ

初心者マーク6

「筋肉を使う」について アップ

初心者マーク7

バットマン(足を上げる)について アップ

初心者マーク7

長所を見つけよう アップ

初心者マーク8

アームス(肩が上がる)について アップ

初心者マーク9

呼吸について アップ

初心者マーク10

柔軟性について アップ

初心者マーク11

ダンス上達について

ライン
メンテナンス ダンスによる故障 ダンサーコース
         
  トップページ 3つの「うれしい」こと   院内ブログ Twitter
  はじめての方へ よくあるご質問   院外ブログ Facebook
  ご感想です 院内の様子   ストレッチマニア 有効なXHTML 1.0経過
  コース料金 お問い合わせフォーム    
  ご予約方法 クーポン   国立ダンスワークス 
アクセス リンク    
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  プロフィール    
     
 
copylight(C)2007-KUNITACHI SEITAI BODY DESIGN-all rights reserved  
ダンスワークスのバナートップ