ダンスワークスのバナートップ

  バットマン(足を上げる)について | ダンスワークス | ダンサーのための整体

トップページ ご感想 コース料金 予約 アクセス 自己紹介
dw
初心者
 
初心者マーク

バットマン(足を上げる)について 

 Grand Battement

美しいですね。

 

初心者ダンサーの皆さんへ。

今回はダンスをはじめると誰もが憧れる、足を高~く上げる動き「Grand Battementグランバットマン」(以降バットマン)。

膝がきれいに伸び、足先にまで意識がいき、高く上がるバットマン。
それが膝は伸びない、足先はきたなく、高く上がらないバットマンではテンション下がります。

 

憧れるバットマンが出来ようになりますように!
初心者ダンサーの皆さんに「バットマンについて」です。

 

「ターンアウト」の中でも少し触れましたが、足を股関節で外旋させることによって、大腿骨と骨盤の構造上足は上がりやすくなります。

なので、ターンアウトすれば足は高く上がるはずなのですが、なかなかそういうわけにはいかないようです。

「バットマンが上がらない」という人の足の上げ方を見ていると、上のように、ターンアウトに難があり、それにより上がりにくくなっている人もいます。
可動域に問題がある人もいますね。
また上げる足にばかり意識がいってしまっていることで、上げる際に体のバランスを失ってしまっていることに気が付いていないようです。それにより体は緊張し、そんな緊張してバランスを欠いた体では上がるものも上がりません。

 

ではそんな初心者ダンサーはどうすればいいのか?

足の向き、足先、重心、アームス、膝、筋肉、引き上げ、、、、、、、などなど、気をつけなければいけないことが多すぎて、どこから手を付けていいかわかりませんね。

ただこうしたことは、クラスでウンザリするほど言われていると思うので、ここでは違うアプローチの仕方を2つ。

 

 

1つ目。
「2」だけでなくて「1,2」とする。
なんのこった。
という感じですが、これからちゃんと説明します。

 

だたこれ、難しく考えると果てしなく難しく出来るのでシンプルにいきます。

 

私たちがどちらかの足を上げる時、歩く時でも同じですが、こんな工程を辿ります。


右足を上げる場合
1番、左足に乗る
2番、右足を上げる

 

これの1番が抜けてしまって、
2番、右足を上げる
だけの人が、初心者に多くいるんです。

 

私たちの体は本来足を上げる場合は、上の1番,2番という工程を必ず辿ります。
バットマンが苦手な人でも、日常の動作では1番,2番の工程を必ず行っています。
それがバレエとなるとこの1番が抜けてしまうのです。

1番が抜けるといっても完全に抜けてしまっては、片方の足は上がらないので、多少軸足への体重の移動はあるものの十分ではありません。
そんな中途半端な状態で上げるため、軸足は不安定に、それが上げる足の可動範囲に影響してしまいます。

特にバレエでは厳しいポジションから足を上げることが多いので、尚更この1番,2番の工程が大切なのです。

1番、しっかり左足に移して
2番、その1番を利用して上げるではなく、「上がる」ように上げる

慣れないと1番から2番までにタイムラグが出来てしまいますが、慣れてくるば、1番,2番を同時進行で行えるようになっていきます。

 

バットマンが苦手な方、1番が抜けてはいませんか?

 

 

2つ目は。
狙って上げて狙って下す。

初心者によくある傾向の一つに、限界までまたは限界以上に上げてしまうことです。
大抵そうした上げ方をしている時は、体幹が引っ張られ軸足は曲がり、バランスをとるために体はカチコチです。
やみ雲に行きつくとこまで上げるようなことをしていると、コントロール力を低下させ、可動域を減少させ、ケガにも繋がります。

可動域範囲以上に動かすことは不可能です。
余裕がある動かせる可動範囲以内でバットマンすることが大切です。

さらにその上げたいポイントに向かって狙って上げ、下ろす時も狙って下す癖をつけるようにしてください。

 

気合だけでは上がりません。

冷静に狙って上げて、狙って下してみてください!

 

Grand Battement

最後に、もうひとつ。


上の男性のバットマン。

少し小さいですが、よ~く見ているとあることに気がつかれるはずです。

どうですか????

そうです、それは、腰の動き。

骨盤の動きといってもいいでしょう。

特に中央でのアラベスクの祭、骨盤が滑るように前に倒れながら、それと共に上体も前に倒れていますね。

ドゥヴァン(前へのバットマン)やアラセゴン(横へのバットマン)も上体はあまり付いているように見えませんが、骨盤は後ろに横に滑らすことで、脚が上がるのをフォローしています。

上の1,2を基本に、腰と上半身のコントロールにより、美しく可動域の広いバットマンが完成します。

いろんな人のバットマン、よ~く観察してみてください。

              国立整体院ボディデザイン

初心者マーク

初心者ダンサーへ地味トレあれこれ!② ~体を部分的に意識する~  new

初心者マーク

レッスン以外でやっておきたい、レッスンではあまりやらない上達する為の自主トレあれこれ!① new

初心者マーク

魅せターンアウトに騙されないで アップ

初心者マーク

バレエ(ダンス)という運動について アップ

初心者マーク1

ターンアウトとアンディオールの違い!?について アップ

初心者マーク1

もう少しアンディオールについて アップ

初心者マーク1

もう少しターンアウトについて アップ

初心者マーク2

軸について アップ

初心者マーク3

プリエについて アップ

初心者マーク4

引き上げるについて アップ

初心者マーク6

「筋肉を使う」について アップ

初心者マーク7

バットマン(足を上げる)について アップ

初心者マーク7

長所を見つけよう アップ

初心者マーク8

アームス(肩が上がる)について アップ

初心者マーク9

呼吸について アップ

初心者マーク10

柔軟性について アップ

初心者マーク11

ダンス上達について

ライン
メンテナンス ダンスによる故障 ダンサーコース
         
  トップページ 3つの「うれしい」こと   院内ブログ Twitter
  はじめての方へ よくあるご質問   院外ブログ Facebook
  ご感想です 院内の様子   ストレッチマニア 有効なXHTML 1.0経過
  コース料金 お問い合わせフォーム    
  ご予約方法 クーポン   国立ダンスワークス 
アクセス リンク    
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  プロフィール    
     
 
copylight(C)2007-KUNITACHI SEITAI BODY DESIGN-all rights reserved