ダンスワークスのバナートップ

  両足で立つ | ダンスワークス | 初心者ダンサーへ

トップページ ご感想 コース料金 予約 アクセス 自己紹介
dw
初心者
 
初心者マーク

レッスン以外でやっておきたい、レッスンではあまりやらない上達する為の自主トレあれこれ!① new

週に1回、2回のレッスンでも、その費やした時間が成果となって身になる人もいれば、中々上手くなれないなーという人も

ならばレッスン増やすのもひとつですが、お金を掛けず、空いた時間でサクッと出来る、自主トレはいかがでしょうか?

 

レッスン以外でやっておきたい、レッスンではあまりやらない上達する為のあれこれ、おすすめ自主トレ10選!を紹介します


まず今回は、両足で立つトレ!

もっと前に乗って!重心が後ろ過ぎる!首が出てる!反りすぎ!胃を開かない!お尻出てる!肩上がらない!、、、etc

日々こうしたダメだしを受けていると、あれやこれや気にしていることも多いはず、またはダメだしされすぎて、何を意識していいのやら、逆に何も出来ず考えられずなんて人も

なのでここでは、ある一つのことだけ意識して両足で立つだけのトレーニングです

ある一つ以外は何も考えず、ひたすら立つだけの地味トレ!

 

ただこの地味トレが、後に高く飛ぶことや、たくさん回ること、美しく踊ることに繋がるのであれば、やる価値ありです

 

さあでは、その一つだけ意識するところとは、足の裏です!

「地に足が着かない」などといいますが、正しく地に足を着けるためのトレーニングです

地面と如何にして繋がればよいか?

これ無くして、プリエも何もありません!

まずは、地面と仲良く繋がって、そのまま踊れるようになると、とってもいい事あります

それではその方法ですが、まずどんな感じか説明する前に準備運動として、右左どちらでもいいので、手の平を床に付けてみましょう

手の平は敏感です、手の平が床に接することで感じるいろいろな感覚、平らな感じ、温度、床に触れているところいないところなど、触れている感じを確かめてみてください

次に両手で同じように、床を触った感覚を確かめてみましょう

左右差も含めて確かめることが出来たら、準備運動最後は四つん這いになって、少し手に体重を掛けてみましょう

触れているだけと違って、重さが掛かると少し手の平の感じかたが違ってくると思います

 

ということで、これを踏まえて、今度はこれを足でやってみます

まずは、座ったまま両足を床について、足裏に集中してみてください(片足づつからはじめてもかまいません)

先ほど手の平で感じたように、たくさんのことを感じることが出来たでしょうか?

目を瞑ってやるのがお勧め!

足裏に集中度がグッと増しますからね

どのくらいやればいいのか?

気が済むまでやるのが理想的です(^^)が、一つの目安として、まず一分間やってみましょう

手の平のように敏感に、足の裏でも感じることが出来るといいですね

何度も毎日やっていると感じれる事や部分が増えていきます

根気強くやってみましょう

 

では今度は立って同じようなことを足裏で感じてみましょう

目は開いて!

手の平ときと同じように、体重が掛かると足裏の感じ方が変わりますが、その感覚も含め、足裏で様々なことを感じ取ってみてください

 

で、ここで終わりではありません

こうしたことに慣れてきたら、次に足裏で床を感じながら、こんなことをしてみましょう

 

その足裏感覚のまま、重心を変えてみます

重心をゆっくり前にしてみましょう

前に倒れてしまうギリギリまで前にしたら、次は後ろに重心を移します

右にも、左にも、斜め前や、後ろにも、重心を移動してみます

すると、例えば重心を前に移動すると、つま先のほうに重さや圧力が掛かり、カカトの感覚が薄くなります

そんな時カカトが床に触れている感覚が、鈍くなってしまってはダメ!

もしくは、そこまで重心を、前に倒してはダメです

そんな遊び?をしながら、最後に前でも後ろでも右でも左でもない、真ん中を探してみます

どうでしょう

真ん中らしき場所は見つかりましたか?

そんなに簡単には、これだ!という場所が見つからないかもしれませんが、こうした地味トレで足の裏の感覚を鋭く磨くことで、今まで????となっていたことが、なるほど~となるか?ならないか?はあなた次第(^^)です!

レッスンではこうした地味な練習に時間を掛けられませんから、自分で時間を見つけて作ってやってみてください

 

 

足の裏は不思議です

不安定な場所、足場の悪い場所に行くと、途端に足裏は敏感になり出します

川縁の石や岩がごろごろしたところを歩いたりすると、足裏を通して体が安定するために意識が集中します

意識が内にあることを感じます

それが平らな場所や不安定でない場所に行くと、足裏の敏感さは途端に失われてしまいます

安定し立ちやすくなることで、足裏の感覚は薄くなり、意識は内に居にくくなります

 

足裏を通して体の内側に起こる変化に敏感になる

為の地味トレ!

やってみる価値ありそうと思った方は是非!

 

次からこんなラインアップ ?ラインナップ?でいきたいと思います

片足で立つ

体を部分的に意識する

意識して手足を体を動かす

自分の可動域を知る

自分の動かせる可動域を知る

自分のイメージ通りのポーズをとる

両足から片足になる

両足ルルベで立つ

片足ルルベで立つ

プリエする

体をひらく

 

だいたい地味トレです

でも大事です!

初心者ダンサーはもちろん、何年とやっていてターンやジャンプが苦手、軸がわからない、引き上げがわからないなど、大事なことが出来てない人に多いです

              国立整体院ボディデザイン

初心者マーク

初心者ダンサーへ地味トレあれこれ!② ~体を部分的に意識する~  new

初心者マーク

レッスン以外でやっておきたい、レッスンではあまりやらない上達する為の自主トレあれこれ!① new

初心者マーク

魅せターンアウトに騙されないで アップ

初心者マーク

バレエ(ダンス)という運動について アップ

初心者マーク1

ターンアウトとアンディオールの違い!?について アップ

初心者マーク1

もう少しアンディオールについて アップ

初心者マーク1

もう少しターンアウトについて アップ

初心者マーク2

軸について アップ

初心者マーク3

プリエについて アップ

初心者マーク4

引き上げるについて アップ

初心者マーク6

「筋肉を使う」について アップ

初心者マーク7

バットマン(足を上げる)について アップ

初心者マーク7

長所を見つけよう アップ

初心者マーク8

アームス(肩が上がる)について アップ

初心者マーク9

呼吸について アップ

初心者マーク10

柔軟性について アップ

初心者マーク11

ダンス上達について

ライン
メンテナンス ダンスによる故障 ダンサーコース
         
  トップページ 3つの「うれしい」こと   院内ブログ Twitter
  はじめての方へ よくあるご質問   院外ブログ Facebook
  ご感想です 院内の様子   ストレッチマニア 有効なXHTML 1.0経過
  コース料金 お問い合わせフォーム    
  ご予約方法 クーポン   国立ダンスワークス 
アクセス リンク    
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  プロフィール    
     
 
copylight(C)2007-KUNITACHI SEITAI BODY DESIGN-all rights reserved