ダンスワークスのバナートップ

  両足から片足になる | ダンスワークス | 初心者ダンサーへ

トップページ ご感想 コース料金 予約 アクセス 自己紹介
dw
初心者
 
初心者マーク

両足から片足になる-初心者ダンサーへ地味トレあれこれ!③  new

初心者ダンサーへ、レッスン以外でやっておきたい、レッスンではあまりやらない上達する為のあれこれ、おすすめ自主トレ(地味トレ)10選!3回目

今回は「両足から片足になる」

両足から片足になり、また両足に戻り、また片足になる

踊っている間は常にこんな繰り返しです

こんなこと当たり前に出来ていそうですが、この過程がうまく出来てないことが

バランスが取れない

肩が上がる

ピルエットがうまく回れない

足が上がらない

原因になっているとしたら、、、、

 

バランスが取れないのは、骨盤が歪んでいるのではなく

肩が上がるのは、背中や脇が使えていないのではなく

ピルエットが回れないのはセンスがないわけではなく

足が上がらないのは可動域がないわけではなく

 

両足から片足になる、がうまく出来てないとこだとしたら、、、、

 

難しいテクニックも、紐解いていけば単純なことの積み重ねです

時には視点を変えて取り組んでみるのもいかがでしょうか


ルルベ

    iwontdancenetworkさんから

 

では地味トレ3回目、両足から片足になるです

まずは現状どうであるか?確認してみましょう

両足は肩幅より少し狭くスタンスを取ってください

そこから左右どちらかの足に乗りましょう

片足立ちです

もう片方の足は浮かせます

そのまま5秒から10秒ほどバランスを取ってみましょう

また両足に戻ったら今度は反対側の足に乗ってみます

何度か繰り返し行ってみましょう

 

ここでのチェックするポイントは2つ

1、片足になった瞬間体(頭)が止まらず揺れている、または体制を崩す

2、揺れが落ち着いてからも、、また再び揺れる、または体制を崩す

このどちらも、またはどちから一方でもなるようであれば、これから行うトレーニングが必要性大だと思われます

片足になる瞬間体が揺れず、静かに立っていられる人は、もう少し難しいトレーニングに取り組んでみましょう

 

それではトレーニングが必要性大な人は進めていきましょう!

まずは前々回「両足で立つ」で足裏の感覚を広げましょうなんてことを書きました

今回ももちろんこの感覚が大事になってきます

片足になる前にその足裏の感覚を大切に意識を集中させます

両足に体重を五分五分で乗せられているとして、ゆっくりとどちらかの足に体重を移していきましょう

重心移動です

ゆっくりとね

右足乗せからいきましょう

出来るだけゆっくりと体重を右足に重心移動していきます

右足にほぼ体重を乗せきったなとなっても、左足は床から離さないようにしてください

今度は左足に乗せ換えます

出来るだけゆっくり、均等なスピードです

何度も繰り返しやってみましょう

 

ここで大事なことは、体重を乗せきっているな、というところです

はっきりとこの乗せきっているという感覚が意識できるまで、何度も右左右左と乗せ換えてみてください

では次にいきます

体重をどちらかに乗せきったなとなった時、たぶん体重が五分五分から十対ゼロになっているはずです

本当に十対ゼロになっていて、軸足に乗れていれば、反対の足を床から放した時体は揺れずに立っていられるはずです

ここで乗せきったつもりが、軸足に乗れ切れていなかったりすると、反対の足を離した途端バランスは崩れ、体は揺れてしまいます

 

揺れてしまう人は、この乗せきった感覚に問題があります

とても些細なことのようなのですが、こうしたちょっとしたミスが次に起こすモーションに大きく関わり、時にうまく出来ない原因となるのです

 

この乗せきった感覚を修正します

とても単純な方法です

やってみましょう

片足で立ちます

その片足重心のまま、浮いてる片足をゆっくり床に付けます

つけた足をまた上げます(ここでまた揺れてはいけません)

また付けます

何度も繰り返します

体が揺れずに付け下げが出来るようになりましたか

 

この場所、この重心があなたにとっての「片足に乗せきった」ところです

十ゼロの状態です

 

反対足も同じように乗せきった場所を確認しましょう

 

ではその上でもう一度、両足五分五分重心からどちらかの足に乗せきってみましょう

修正で片足から反対の足を付け上げした重心まで来たな、乗せきれたなとなったら、ゆっくり片足を上げてみましょう

ゆっくり上げましょう

体は揺れていませんか?

揺れてしまったらもう一度乗せきった感覚を確認して、もう一度

 

慣れてきたら全体のスピードを少し上げていきましょう

それでもブレずに揺れずに立ち、そのまま数秒(10秒くらい)静かに立ち続けることが出来るよう地味トレしてみましょう

 

集中してやれば5分のトレーニングです

自宅で出来ます

1ヵ月も毎日やれば忘れられないくらい身に付きます

 

これは最初の一歩です

今回はスタンスを狭く取っていますが、このスタンスが左右に広くなったり、前後になったりすれば多少方法は異なってきます

プリエしなくてはいけなくなるかもしれませんしね

但し片足になった時、体がブレずに揺れず立つことは、どのスタンス、ポジションからはじめようと同じように大事なことです

このブレずに揺れず立つことが、ルルベでバランス取ることに、肩が上がらず踊ることやピルエットを回ること、足を高く上げることに欠かせないことなのです

 

最後に

両足から片足になるとき、片足になる以外に体が大きく変わってはいけません

大抵は緊張することで、両足のあなたと片足のあなたの体は、別人のようになってしまいます

ちょっと難しいいですが、体を変えないことがポイントです

 

              国立整体院ボディデザイン

初心者マーク

両足から片足になる-初心者ダンサーへ地味トレあれこれ!③  new

初心者マーク

体を部分的に意識する-初心者ダンサーへ地味トレあれこれ!②のつづき  new

初心者マーク

体を部分的に意識する-初心者ダンサーへ地味トレあれこれ!②  new

初心者マーク

レッスン以外でやっておきたい、レッスンではあまりやらない上達する為の自主トレあれこれ!① new

初心者マーク

魅せターンアウトに騙されないで アップ

初心者マーク

バレエ(ダンス)という運動について アップ

初心者マーク1

ターンアウトとアンディオールの違い!?について アップ

初心者マーク1

もう少しアンディオールについて アップ

初心者マーク1

もう少しターンアウトについて アップ

初心者マーク2

軸について アップ

初心者マーク3

プリエについて アップ

初心者マーク4

引き上げるについて アップ

初心者マーク6

「筋肉を使う」について アップ

初心者マーク7

バットマン(足を上げる)について アップ

初心者マーク7

長所を見つけよう アップ

初心者マーク8

アームス(肩が上がる)について アップ

初心者マーク9

呼吸について アップ

初心者マーク10

柔軟性について アップ

初心者マーク11

ダンス上達について

ライン
メンテナンス ダンスによる故障 ダンサーコース
         
  トップページ 3つの「うれしい」こと   院内ブログ Twitter
  はじめての方へ よくあるご質問   院外ブログ Facebook
  ご感想です 院内の様子   ストレッチマニア 有効なXHTML 1.0経過
  コース料金 お問い合わせフォーム    
  ご予約方法 クーポン   国立ダンスワークス 
アクセス リンク    
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  プロフィール    
     
 
copylight(C)2007-KUNITACHI SEITAI BODY DESIGN-all rights reserved