ダンスワークスのバナートップ

  ポリポリストレッチ! | ダンスワークス | 初心者ダンサーへ

トップページ ご感想 コース料金 予約 アクセス 自己紹介
dw
初心者
初心者マーク

ポリポリストレッチ! new

初心者マーク

両足から片足になる-初心者ダンサーへ地味トレあれこれ!③ アップ

初心者マーク

体を部分的に意識する-初心者ダンサーへ地味トレあれこれ!②のつづき アップ

初心者マーク

体を部分的に意識する-初心者ダンサーへ地味トレあれこれ!② アップ 

初心者マーク

レッスン以外でやっておきたい、レッスンではあまりやらない上達する為の自主トレあれこれ!① 

初心者マーク

魅せターンアウトに騙されないで アップ

初心者マーク

バレエ(ダンス)という運動について アップ

初心者マーク1

ターンアウトとアンディオールの違い!?について アップ

初心者マーク1

もう少しアンディオールについて アップ

初心者マーク1

もう少しターンアウトについて アップ

初心者マーク2

軸について アップ

初心者マーク3

プリエについて アップ

初心者マーク4

引き上げるについて アップ

初心者マーク6

「筋肉を使う」について アップ

初心者マーク7

バットマン(足を上げる)について アップ

初心者マーク7

長所を見つけよう アップ

初心者マーク8

アームス(肩が上がる)について アップ

初心者マーク9

呼吸について アップ

初心者マーク10

柔軟性について アップ

初心者マーク11

ダンス上達についてアップ

初心者マーク

ポリポリストレッチ! new

ポリポリストレッチ

ポリポリとは痒いところを掻く時のあのポリポリ

背中が痒いとか足が痒いとか、痒い時にしかしない、この“ポリポリ”

伸ばす部分やその周辺、さらにあんまり関係のなさそうな部分も、痒いときに掻く要領でポリポリしてみる

すると、なんと掻く前に比べ、やり易く、気持ちよくストレッチできる

あら不思議!

 

ストレッチが苦手な人

ストレッチしても気持ちよくない人

なかなか可動域が増えない人

リラックスやメンテナンスにストレッチしたい人も

スポーツやダンスなど常にストレッチが必須な人も

是非お試しください!

 

ストレッチを妨げるトラップ

ストレッチが苦手な人や、気持ちよく出来ない人、やってもやっても可動域が増えない人は、ストレッチしにくくなるトラップのようなものを、知らず知らずに体のいたる所に作ってしまっています
そのトラップは実際にストレッチしている周辺部分だけでなく、まったく関係のないような部分までにもトラップを作ってしまい、それらトラップがストレッチする際の妨げになってしまっているようです

トラップとは?

ストレッチする際、体の組織(筋肉、筋膜、腱、靭帯、皮膚)などに不用意、無意識に入ってしまう緊張(力)と考えてください
その緊張、力(トラップ)がストレッチをしにくくしている要因になっていて、ストレッチしている周辺だけでなく、遠く関係のないような箇所にもトラップが出来てしまい、ストレッチする筋肉や体全体の動きを制限しています
ポリポリストレッチでそのトラップ(緊張、力)が無くなると、急に可動域が増えたり、スムーズに、気持ちよくストレッチできるようになります

伸びているところだけの問題ではない

遠く関係のないような箇所と書きましたが、このポリポリストレッチをして感じることは、伸びている筋肉、伸ばしたい筋肉ではない、自分では感じていない体の余計な緊張がストレッチの邪魔をしていることに気がつきます

トラップを無視してのストレッチは

そうしたストレッチを妨げるようなトラップを無視して、ストレッチを続けると体は更なるトラップを作り、さらに一段と伸びにくい頑固な体になってしまいます

トラップだらけ

このポリポリストレッチに慣れてくると、どこをポリポリすべきかがなんとなくわかってくるようになってきます
ここもポリポリ、あそこもポリポリ
すると結構体中がトラップだらけなことに驚きます

ポリポリストレッチで快適なストレッチライフを

今までは呼吸することや、ストレッチのタイミング、スピードなどで余計なトラップが出来ないように心がけてきましたが、これからはこの「ぽりぽりストレッチ」をプラスすることで、より積極的にトラップを無くし、気持ちよく、楽しくストレッチに取り組めると思います

簡単、安全、ポリポリストレッチだけど注意事項

基本ポリポリしたらストレッチ、ストレッチしながらポリポリの繰り返しで、危ないこともないようですが、人によってこのポリポリの強度には差があるようです
痒いところを掻く要領でなのですが、掻き過ぎて皮膚を傷つけてしまってはいけません
軽い刺激でも十分効果があります
直接ではなく、服など、布を挟んでポリポリしてください
仕方なく直接肌をポリポリする場合は、出来るだけやさしく、皮膚を傷つけないようにご注意ください

ポリポリストレッチの方法

とても簡単!
まずはいつものようにストレッチしてみましょう
次にそのとき伸びているなぁと感じるところや、その周辺をポリポリしてみる
そしたら、また最初と同じようにストレッチしてみる
すると、、、、なんかさっきよりスムーズに、気持ちよく、またはさらに可動域が増えていませんか?
ポリポリする場所のポイントは、伸ばす場所とその周辺、伸ばしている対極の屈曲している側とその周辺、その辺りをまずは狙ってポリポリしてみましょう
慣れてくると、感じるままに体中のトラップ見つけは瞬殺、見つけは瞬殺できるようになるはずです

 楽しくてやりすぎないようお気をつけください!

 

                  国立整体院ボディデザイン

ライン
メンテナンス ダンスによる故障 ダンサーコース
         
  トップページ 3つの「うれしい」こと   院内ブログ Twitter
  はじめての方へ よくあるご質問   院外ブログ Facebook
  ご感想です 院内の様子   ストレッチマニア 有効なXHTML 1.0経過
  コース料金 お問い合わせフォーム    
  ご予約方法 クーポン   国立ダンスワークス 
アクセス リンク    
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  プロフィール    
     
 
copylight(C)2007-KUNITACHI SEITAI BODY DESIGN-all rights reserved