ストレッチマニアのバナートップ
home
home
お問い合わせ
みだし
首周辺のストレッチ 肩周辺のストレッチ 腕周辺のストレッチ 体幹周辺のストレッチ 腰周辺のストレッチ 股関節周辺のストレッチ 脚周辺のストレッチ

      何のためにストレッチする?

ストレッチというと以前の「スポーツの前後にする、スポーツをする人のためもの」という認識から、近年では体の不調(肩こり、腰痛など)の改善目的であったり、美容や老化予防のためにと、「ストレッチがなんかいいらしい」とたいへん一般的に身近なものになってきました。
ストレッチマニアはそんなストレッチをケガなく、効果的に行うため参考にしてもらうためのサイトです。

運動前の準備運動に
運動後のクールダウンに
ケガの予防のために
身体機能を高める(落さない)ために、
快適な身体を維持するために
辛い症状(肩こり、腰痛など筋肉、関節)の改善、予防のために
緊張した身体を緩めリラックスするために
疲れを明日に残さないために
気分転換に
美容(ダイエット、プロポーションの矯正)のために
アンチエイジングのために
体の柔らかさを自慢するために(笑)
                 


目的によって取り組む時間や量など様々ですし、同じストレッチのポーズでも目的が変われば結果も変わってきます。

ぜひ皆さんの生活の一部に、無理なくストレッチを取り入れてみてください。

                           
「運動前の準備運動に」に一言

運動前のウオームアップの一部としてストレッチは大変有効です。ケガの予防にもつながります。
今からはじめるスポーツやダンス、もちろん仕事も筋肉にとっては運動の一部。どの筋肉をどのくらい使うのか?自身でしっかりと見極めて、体に準備させてください。

                     
「運動後のクールダウンに」に一言

運動後そのまま何もしないなんて人はいませんか?
今使って興奮し、疲労した筋肉をクールダウンしてあげましょう。
そのままにしておくと、筋疲労は高まり、筋、関節機能は著しく低下してしまいます。 筋疲労の状態を見てアイシングなども取り入れながら必ず行うようにしてください。
また運動中にも小まめにストレッチを入れて、筋機能低下を防ぐことで回復も早く、体全体にかかる負担も少なくすみます。

                    
「ケガの予防のために」に一言

ケガの原因のほとんどは自身のメンテナンス不足が招いていると感じられます。
体の機能が低下していることに気が付かずにいることが、日常の他愛の無い動きやスポーツでケガに繋がっていることが多いのです。
「気が付かない」とは、心と体が離れてしまっているということです。
ストレッチで心と体を結び付けて、気が付ける体にしてあげましょう。

                               
「身体機能を高める(落さない)ために」に一言
身体機能を高める(落さない)=筋トレなんて思っていませんか?
筋トレも筋力の低下が問題と判断される場合は必要になることもあるかもしれませんが、まずは可動域、特に動的可動域とそのためのバランス力を高め、落さないようにする必要があります。そのためストレッチは「身体機能を高める(落さない)ために」必要なエクスサイズの1つとです。

                            
「快適な身体を維持するために」に一言
あなたが思う「快適な体」とはどんなものでしょう?
痛み違和感の無い体。
疲れにくい体。
よく眠れる体。
動きのいい体。など、、、
どの体もほしい体ですね。そんな快適な体を維持するためには、もしその快適な機能が少しでも低下したら、まずそのことを自身で「わかる」必要があると思います。その上でその低下した機能を「戻す」何らかの方法が必要になります。
その「わかる」方法の1つとして、「戻す」方法の1つとして、ストレッチは大変有効です。

                       
「辛い症状(肩こり、腰痛など筋肉、関節)の改善、予防のために」に一言

体のどこかに痛みや違和感があると、何もない状態に比べ体全体の動きはどうしても低下してしまいます。ストレッチは特にその低下してしまった、痛みや違和感がある部分以外に行ってあげることで、全体の機能低下を防ぐこととなり、それが回復までの時間を早めるカギとなってきます。

                          
「緊張した身体を緩めリラックスするために」に一言

ストレッチは筋肉を伸ばすだけでなく、緩める効果もあります。
緊張した筋肉が緩むことで、心の緊張も解きほぐされると、意識は隅々にまでいき渡り高いリラックスに繋がります。 

                         
「疲れを明日に残さないために」に一言
疲れた日は帰って風呂に入ったらすぐ爆睡!ですよね。
そこでがんばって疲れた体を奮い立たせ、緊張し疲労した体をストレッチで少しだけでも取り除いてあげれば、次の日の目覚めは違ってくるのに。。。。分かっていてもなかなか出来ないものです。
やるかやらないかはあなた次第です。
結果は分かっているのですから。

                        
「気分転換に」に一言
なんか気分がすっきりしない時に、体を先に変えてあげて、そっちに気分を引っ張り上げてもらう。時には逆もありですね。
心と体は繋がっているんです。
すっきりしないと思い悩んでいないで、まずは5秒の伸びから始めてみましょう。

                           
「美容(ダイエット、プロポーションの矯正)のために」に一言
固く緊張した筋肉は、代謝も著しく落ちてしまうので、ダイエットには大敵ですね。美しいプロポーションにもしなやかな肉体が重要です。
ストレッチはこれら美容に欠かせない1つのエクスサイズであると思います。また見た目だけでなく、体隅々にまで意識がいくということが大切で、それが見た目だけでなく内面の美しさにもつながると思います。                         


「アンチエイジングのために」に一言
一つには体の機能が落ちないように、特に関節の動的可動域の減少を抑える。
もう一つに自分が認識している体(機能)と実際の体(機能)の差を出来るだけ埋める。                           


「体の柔らかさを自慢するために」に一言
出来るだけ嫌みなく自然に、また実施するタイミングさえ間違えなければ、たいへん高い優越感と羨望のまなざしをを味わうことが可能です(笑)。

   何のためにストレッチする?
   ストレッチその前に
   ストレッチの種類いろいろ
   気になる部門別ストレッチ
   ストレッチ一覧
ストレッチレッスン
おまかせストレッチ
国立整体院ボディデザインホームページ
ダンスワークス
 
  ストレッチマニアトップ
サイトマップ
お問い合わせ
  ストレッチ一覧
ストレッチその前に
ダンサーのためのストレッチ
  ストレッチレッスン
何のためにする?
気になる部門別ストレッチ
  整体院TOP
はじめての方へ
管理者プロフィール
マニアバナー