エクスサイズ ダンス バレエ 動作 身体感 運動

「筋肉を使う」について

0blog5

レッスン中、「この筋肉を使って」と言われることありますね。

そんなとき、この意味を理解でき体で正解の表現(動くこと)ができる人はいいですが、言ってることはを理解できても表現できない、言われているような動きにならないとなると、どんどん迷路にはまりこんでしまうようです。

では「筋肉を使う」とはどういったことなのでしょうか?

初心者ダンサーの皆さんに「この筋肉を使う」ついて。

前のテーマで題名にもした、「アンディオール」「軸」「プリエ」「引き上げる」などの時などにも必ず、先生から「○○筋を使って」という指導がありますね。または、「○○筋を意識して」なんて場合も。

まず前提として、私たちは「○○筋を使って」「○○筋を意識して」と言われ、はたしてその○○筋を使って動かしたり、意識出来たり出来るのでしょうか?

やってみましょう。
例えば、手のひらをこちらに向けて、ジャンケンのグーをするような動きをする場合、本来ならばその折りたたまれる側の指や手のひら、そして手首から肘までの前腕の屈筋群が収縮することでグーが完成します。

出来ましたか?
では次に手のひらを再び自身のほうに向け、そしてまずそれらの筋肉を意識してみましょう。そして意識出来たならば、その意識した筋肉を使って(収縮して)みてください。

どうですか?
あなたの手はグーになっているでしょうか?
なっていればとりあえず成功です。
もし中指だけ立ってしまっていれば、、、危険です(笑)、すぐに引っ込めてください!

さてふたたびどうですか???
意識できた。使えた。感はいかがですか?
その今出来たグーは本当に意識でき自身の意思によりその筋肉を動かせた結果だと思われますか?

ではもう一度違うやり方をしてみます。
今度は同じく手のひらを自分のほうに向けたら、何度かグーの動きをしてみましょう。
注意深く腕に意識を向けながら、さらに何度かグーの動きをしてみましょう。

どうですか?
どこが動いている感じがしますか?
手のひらや腕の筋肉が動いている感じがしませんか?

もし分からない場合はもうひと工夫。
反対の手で腕を掴みながら、グーの動きをしてみてください。

どうですか?
腕の筋肉が硬くなったり、ゆるんだりしていますよね。
よく動いているのが分かります。

そのうえでもう一度、今度は掴まないでやってみても、さっきよりは動いている感じ、使えている感じがすると思います。

最初の疑問「はたしてその○○筋を使って動かしたり、意識出来たりすることができるのか?」については、上のグーの例のレベルでいいならば出来ていると考えてもいいかもしれません。
バレエの時にも出来る可能性があるということです。

さあここから少しテーマの本題に入っていきます。
私たちは、グーをする場合、前腕などの屈筋群が収縮することを知りました。
ここにグーを出来ない人がいるとします。
あなたはこの人にグーのやり方をどうして伝えますか?
「指を織り曲げて」って言うでしょう。
こんな風にって、自分のグーを見せるでしょう。
実際に触ってグーにしてあげるかもしれません。
それでもわからなければどうします。
それでもわからないので、あなたは考えます。
グーにする時に使っている筋肉を知っているあなたは、その筋肉を使うように伝えます。
その人は頑張ってその筋肉を使おうとしています。
でも指は少し曲がっているものの、あなたの望むグーにはなっていません。
あなたはもっと前腕の筋肉を意識使うように指導します。
あらゆる表現方法で。
時には筋肉が足りないと筋トレを勧めるかもしれません。
だたどうしてもグーにはならないのです。
それどころか、その人は頑張ってグーをするあまり、腕や肩全体に力が入ってしまい、ついには腕が痛いと言い出しました。
あなたは力を抜いてと言います。
無駄な力を抜いて、前腕の屈筋群だけに意識を向けてそこを使うように指導します。
それでも駄目。。。
その人の前腕をあなたは触ってみます。
前腕に力が入っていないので、前腕に力を入れるように言います。
そしてグーにするように。
その人は言います。
「指が動きません」

冗談ではなく、これと似たようなことがダンススタジオではよくみられます。
筋肉を意識したり、その意識した筋肉を意識して使ったりすることは出来ると考えます。
ただしかし、動かしたい動き、表現したい動きができない人に、決して不正解ではなく、一つの正解ではあるのですが、本来使われるべき筋肉を意識させたり、使うように指導してもそれがお互いの成功に結びつくことは稀で、そのほとんどが複雑なもの、似て非なるものになってしまうように感じています。
正解の動きが出来ていれば、その動きに注意を向けていけば、いずれ筋肉の動きにはたどり着くでしょう。
しかし正解の動きを導き出すために、先に筋肉に意識を向けてしまうと、本来のスムーズな動作に結びつかなくなってしまいます。

では初心者の皆さんは、この「○○筋を使って」「○○筋を意識して」という指導に、どのように対応するべきか?

例えば勉強で記憶が苦手なあなたに向かって、先生がもっと大脳皮質を意識してとか、海馬を使ってとか言ってきたら困っちゃいますよね。
ただ記憶している時にそれらが敏感に反応していることが確かなら、意識して使うことが出来なくても先生の指導方法としてありかもしれません。
と言って、そう言われたからと言って本気でそこを意識しようとしたり、使おうとして記憶できるとは思いませんよね。そんなイメージぐらいで十分なわけです。

「○○筋を使って」「○○筋を意識して」もそんなイメージぐらいに思っておくことがいいのではないかと考えます。
それで実際にその動き表現が出来た時に、言われたようなイメージ通りであったなら、その時に先生の言わんとしたかったことがさらに理解できると思います。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

「筋肉を使う」について / / / 国立整体院ボディデザイン

-エクスサイズ, ダンス, バレエ, 動作, 身体感, 運動

© 2021 国立整体院ボディデザインブログ Powered by AFFINGER5