ダンス ダンステクニック バレエ バレエテクニック ピルエット 身体感 運動

体の軸

ダンスをしている方から、体の軸に関する質問はメールも含めてよくあります。

上手な人のターン(ピルエット、シェネ)などを見ていると、体に軸のようなものがあるように見えます。

対して苦手な人のターン(ピルエット、シェネ)には、体に軸が無いように見えます。

だから、苦手な人は自分に無い軸が自分に有れば回れるようになると考えます。

自分には無い軸を、どうしたら自分の中に?????

これはよくある考え方ですが、こうした考え方を少し変えていただくようにお勧めしています。

 

僕らが日常立ったり移動したり動いているのは、なんとなく体の軸が崩れないようにバランスを取っているからなのです。

無意識のレベルではありますが、軸はあり感じているのです。

ただし片足になり更にその軸を中心に回らなければならないとなれば、そんなぼんやりした軸ではバランスを取ることができません。

そのためそのなんとなくの軸を、はっきりとした軸にしてあげなければなりません。

 

自分に無い軸を自分の中に、、、

ではなく、

自分の中に有る軸をはっきりさせることで、ターン(ピルエット、シェネ)に軸があるように見えるです。

 

この考え方の違いは大きいのです。

例えば単に両足から片足のルルベになる。

自分の中の軸をそのままルルベになることで、両足の時より軸の意識ははっきりとなります。

ただ大体の苦手な人は、ルルベになる途中で自分の中にあった軸を見失ってしまうので、軸は意識することができず、長く立っていることもできません。

 

軸を見失わないように片足になる。

軸を見失わないようにルルベになる。

軸を見失わないようにターン(ピルエット、シェネ)に入る。

軸を見失わないようにバランスの難しい環境に体を置くとその体には軸が浮かび上がってきます。

 

そのためのコツは、変えないことです。

変わらないことで軸がはっきりしてきます!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

体の軸/ / / 国立整体院ボディデザイン

-ダンス, ダンステクニック, バレエ, バレエテクニック, ピルエット, 身体感, 運動
-

© 2021 国立整体院ボディデザインブログ Powered by AFFINGER5