ピルエットを回るために、やらなければいけない!と、されていることが、回れない原因だったとしたら?

こればバレエ(ダンス)に限らず、あらゆることを学ぶ上で起こりえることで、そうである思い込んでしていたことが、時に学びの邪魔をしてることがあるというお話です。

当院ではピルエットに特化したレッスンをしていますので、初心者から長年やられている方まで、ピルエット(回転系)が苦手な方が受けに来られます。この苦手な方たちに共通しているのが、回るために教えてもらったいくつもの条件に縛られすぎていることが、回れない原因になっているということです。

例えば、ピルエットに入る前のポジション。腕の動かし方。プリエの仕方。首のつけ方。パッセの位置、高さ。体の引き上げ方。軸の作り方。などなどなど。。。。

これらの条件に従って、出来てしまう人もいるわけなので、どれもが間違いではないわけですが、出来ない人にとってはすべての条件を守ろうとすることが、余計に不安定なピルエットになってしまっています。

中でも、今回はピルエットに入る前のポジションについてお話します。
の中でも、バレエピルエットの際の4番ポジションからのピルエットについて。

バレエでは、ピルエットに入る前の両足のポジションは、両足先が外を向く、4番ポジションでなければならない、という、絶対的なルールがあります。まあ、コンテンポラリーダンスではパラレルからのピルエットもありますが、バレエと言えば4番からというところでしょう。

ただこの4番からのピルエット、2回と安定して回れない人は、ほとんどこのターンアウトした軸足が故に回れなくなっています 。

また大半のそうした人が、出来るだけターンアウトすることがピルエットをするために大切だと思い込む、勘違をいしています。

指導者もターンアウトがあまいから回れない、なんてアドバイスする人もいますから、もっとちゃんとターンアウト出来れば回れるようになると、さらに軸足を開こう開こうと努力します 。
みんな真面目です。

ただ、残念ながらそれではいつまでたっても回れません 。
逆にもっと回れなくなってしまいます。

身体がねじれる
手と手の間が正面に来ない
ルルベがすぐ落ちる
顔が付かない
軸足に乗れてない
軸足に乗ってる感じがしない

ピルエット中気絶している、、、なんてことが起こります。

でも回れている人たちは、みんな軸足をターンアウトしてそこから回ってる。

ように見えます。

実際回れている人も軸足のターンアウトが重要だと思っている人が多いですね。

回れていればそれでもいいと思います。

ただ回れている人も、軸足を開く(ターンアウト)ことが回ることにどれだけ貢献しているかといえば、????

実際にはほとんどの回れるダンサーは、プレパレーションからターンに入る瞬間、意識的かそうでないかはそれぞれですが、一番ルルベしやすい位置に軸足のポジションを移動させ、そこからピルエットするための運動に入っています。

一番ルルベしやすい位置=軸足にグッと力が入りやすく、床の反動を使いやすい位置=皆違います

回れるダンサーのそのほとんどが、軸足の開いたポジションを機能的に行っているのではなく、バレエである為にしている魅せポジションである、と言っていいかもしれません。

ちょっと言い過ぎかもしれませんが(^^)

回れるダンサーならば、軸足のポジションがパラレルでも、ジャズダンスでよくやるようにつま先が内側に向いていようと必ず回ることが出来ます。

バリシニコフもこれだけ回ろうとすれば

見えにくい。。。。

ほぼ軸足はパラレルからがピルエット
だけどいつ見ても美しいピルエット

無理な4番ポジションが原因で回れていない人に勧めているのは、ポジションの軸足の開きに拘るより前に、まずはどのポジションからでもいいので、回れるようになることからはじめる事です。

回れるようになったら、バレエであればバレエである為の4番ポジションからも回れるように、拘るのはそこからでも遅くありません。

回れるようになるために!
魅せターンアウトに騙されないでください!

copyright © 国立整体院ボディデザイン all rights reserved.